阿波や壱兆



| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

徳島県南・海陽町

前回は徳島について触れましたが、徳島県南・海陽町について触れてみようと思います。

徳島県南(以下、県南と表記)は、阿南市・那賀町・美波町・牟岐町・海陽町がそこに属します。

【地図】
36.jpg

阿波や壱兆の店長姉妹やAwafunは県南の海陽町が故郷です。

海陽町と言うのは「海南町・海部町・宍喰町」が2006年に合併してできた町です。

【海陽町について】
海陽町は徳島県の最南端に位置し、南東の海岸線は太平洋を臨み、北は那賀郡、東は海部郡牟岐町に、西は高知県と隣接しています。
 北部・西部にあたる山地は1,000メートルにおよぶ緑豊かな山々がそびえています。これらの山々を水源として、地域の中央には北から南に海部川が、南部では西から東に宍喰川が太平洋に流れ込んでいます。
 海部川下流の右岸流域沿いに細長く開けた平野部は、海部川の沖積作用によって形成され、その広さは郡内一を誇っています。
 青く美しい海岸は室戸阿南海岸国定公園に指定され、海岸は数々の岬や入り江を有する美しいリアス式海岸となっています。
 また、海岸線に沿って徳島市から高知県とを結ぶ国道55号とJR牟岐線・阿佐海岸鉄道がほぼ並行に走り、南北には海部川に沿って国道193号が国道55号と那賀郡中央部を結んでいます。
(海陽町HPより)

県南の中でも、特に海陽町は海のレジャーに適した環境ではないでしょうか。
海陽町

また、海あり山あり川あり。
海陽町

海陽町

海陽町

とても自然の多いところだと思います。

地元にいた頃はトレンディードラマで見る都会に憧れたけど、今は帰省するたびホッとします。
何にもないけど、自然は腐るほどある。美味しいものもたくさんある。

移住してくる方がいるのは、なんとなくわかる気がします。

みなさんも機会があれば、訪れてみてくださいね。

byAwafun

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしてや~
人気ブログランキングへ

一度食べたら、やめられない!

ご興味のある方は、いかがですか♪ 

でも、まずは、阿波や壱兆で食べるのが一番ですよ!

☆竹ちくわ☆


☆フィッシュカツ☆

徳島が誇るB級グルメ!なんだかちょっぴり、懐かしい味がします^^



☆青柚子☆

徳島県の山間部で育てられている柚子。 香系の柑橘類といえばやはり徳島ですね。
昼夜の温度差がある所の方が色づきがよく、香りがよいものができるため、
山奥深い急斜面で育てられています。
青柚子はすりおろして料理に散らしたり、果肉をくり抜いて「柚子釜」としても食卓を彩ります。

また、徳島の青柚子は種も少なく香りも最高!

徳島の青柚子


☆阿波や壱兆で使用の「竹田製麺 半田そうめん」☆

◆ちょこっと味見サイズ◆


◆ガッツり買い置きサイズ◆


アフィリエイトで得た収入は、阿波や壱兆や徳島に関わることに使いたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

◇うつぼちんみ:ぬしま鮮魚店◇
うつぼ珍味

| 徳島(特に県南) | 06:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

陶芸家 梅田純一先生

以前にも少し触れましたが、店長やAwafunの故郷である徳島県は自然の豊かな町です。

特に県南の店長の出身の町は

海あり
海陽町(旧宍喰「みとこ湾」)

山あり
海陽町(旧宍喰「久保」)

川あり
海陽町(旧宍喰「八山」)

手付かずの自然も多く残っています(いや、自然の方が多い?あっ、しっつれい・・・)

そんな環境に惹かれて海陽町へ移住してこられた陶芸家の先生がいらっしゃいます。
梅田 純一先生です(知る人ぞ知る)

店長のお父さんと交流があるらしく、お店の開店祝いに贈ってくださった器がこちら
阿波や壱兆

味があってかっちょいい器っすね~ 重厚感があるというか

ちょっとしたツマミをのせるといいっすね~
阿波や壱兆

絵になるっすね~

阿波や壱兆

話には聞いていましたが、いよいよお披露目になりそうっすね

こんな素敵な器でツマミをいただきながら、仕事あとの1杯のビールは最高やろな~

■梅田純一陶磁室■
※勝手にリンクさせてもらってます^^;館長さんごめんなさい。メッセージを残すところがわからず、事前許可をもらっていません。。問題があるようでしたら、コメント欄にご記入ください。リンクをはずします。

byAwafun
ブログランキングに参加しています。1日1クリックしてや~
人気ブログランキングへ

一度食べたら、やめられない!

ご興味のある方は、いかがですか♪ 

でも、まずは、阿波や壱兆で食べるのが一番ですよ!

☆竹ちくわ☆


☆フィッシュカツ☆

徳島が誇るB級グルメ!なんだかちょっぴり、懐かしい味がします^^



☆青柚子☆

徳島県の山間部で育てられている柚子。 香系の柑橘類といえばやはり徳島ですね。
昼夜の温度差がある所の方が色づきがよく、香りがよいものができるため、
山奥深い急斜面で育てられています。
青柚子はすりおろして料理に散らしたり、果肉をくり抜いて「柚子釜」としても食卓を彩ります。

また、徳島の青柚子は種も少なく香りも最高!

徳島の青柚子


☆阿波や壱兆で使用の「竹田製麺 半田そうめん」☆

◆ちょこっと味見サイズ◆


◆ガッツり買い置きサイズ◆


アフィリエイトで得た収入は、阿波や壱兆や徳島に関わることに使いたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

◇うつぼちんみ:ぬしま鮮魚店◇
うつぼ珍味

| 徳島(特に県南) | 09:35 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初投稿。わが町、宍喰町(現 海陽町)

こんばんは。

本ブログ、管理人をバトン回されて初の投稿です

阿波や壱兆のリーダーの実妹「i」と申します。時おり、投稿させていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

私たち姉妹の田舎は「宍喰町(現 海陽町)」という、自然豊かな町です。

言い換えれば、「陸の孤島」?

大きなホテルが国道55号線沿いにありますが、多くは林業・漁業・農業、公務員、自営業を生業としています。

宍喰地区(と言うのでしょうか)のシンボルは標高395m、山頂が天然記念物「ヤッコソウ」の発生地となっている「鈴ヶ峰(スズガミネ)」です。

鈴ヶ峰

小さい頃は町の催しや両親、姉と登ったものです。

登ると、お四国八十八ヶ所で知られる弘法大師が滞在したと言う小さなお洞があります。

そのお洞は細身の大人が匍匐前進でやっと通れるくらいだったと記憶しているのですが、
「嘘をつく人は通ることができない」と言われて、通り抜けるとき子供心にビクビクしたことを思い出します。

今でも不思議なのは、弘法大師は鈴ヶ峰に滞在したのに何で札所となる寺を作らなかったのかということ。

なぜなら、23番札所「薬王寺」(厄除けで有名、今NHKの「ウェルかめ」の舞台になってる町にあります)と高知県室戸市にある24番札所「最御崎寺(ホツミサキジ)」の間には札所がなく、2つの寺の間隔は約78キロ。

自分の足で歩いて移動するには、ちょっと長い

鈴ヶ峰まで登る労力は別にしても、23番と24番の中間に位置する宍喰地区に札所があってもおかしくない。

何故?なんで?どーして?

弘法大師さん、札所を作ってくれなかったの?


札所があれば、もう少し町が賑わったのに・・・・というのが、うちの家族の意見

まぁ、弘法大師に意見するほどの立場ではございませんが(笑

とにかく、札所がないのは現実でとても残念なことなのである。。

気候のよい季節は、国道55線をお遍路さんが歩きます。

お遍路さん


みな、それぞれに想いがあって巡礼するのでしょう。今は車やバイク、自転車で巡礼する方もいれば通しで巡礼せずに日程を分けて巡礼する方もいる。

でも、私はいつか自分の足で八十八ヶ所巡ってみたいと思います

i

※今後はなるべく、阿波や壱兆の営業のない日曜・祝日に記事を投稿しますね。
また、お店とは関係のない話が多いと思いますが、ご了承ください。

| 徳島(特に県南) | 22:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

☆年末の営業のお知らせ☆ 海陽町海南地区風景 by i 

まずは、阿波や壱兆年末年始の営業について

年内明日の定休日を除いて営業いたします。
大晦日には『みんなで年越そうめん』やります(笑)
ぜひお越しください!

営業時間は、28日~31日まで夜営業のみとさせて頂きます。
オープンは18時です。
大晦日は深夜過ぎても営業しますが閉店時間は様子を見ながらとなりそうです。
ご了承ください。

新年の営業はまだ調整中につき改めてお知らせさせてください。
5日か6日あたりになると思います。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。


【本文はここから】

今年も余すところ2日となりました。うちの実家は昨日、一家総動員して大掃除でした
おかげで今日はちょっと余裕ぶっこいてます(笑

年末の阿波や壱兆はどうですか? 

どうですか?東京で徳島を感じる年越し

私も帰省していなければ行っただろうな・・・きっと

さて、さて、帰省されない方へ田舎の風景(県南だけでごめんなさい)をお送りします。

本日は海陽町の海南地区の風景です。

海部川(かいふがわ)は、徳島県海部郡を流れる二級河川、二級水系海部川の本流です。
環境省の調査で、全国で最も水がきれいな川36本の1つとの認定を受けています。

海陽町海南地区

この日はとても良い天気で、土手の枯れ草も青空に映えて綺麗でした。

海陽町海南地区

川原にぽつんと2本仲良く並んで生えている木。ブランコがつけられて、近所の子供の遊び場なのかな?

海陽町海南地区

植林された杉やヒノキがすくすく育っています。

海陽町海南地区

地域の寺のお地蔵さん。私が生まれるずっと前からここにいて、いろんなこと見守ってきたんでしょう。
苔むした姿が歴史を物語っていますね。

海陽町海南地区

ほかの写真は続き(追記)よりご覧ください。

もっと徳島の広範を紹介したいのですが、自身の行動範囲が県南(特に生まれ育った町)に限られ、
県南以外の徳島の方、徳島をもっと知りたい県外の方には十分な情報ではないことをお詫びいたします。

時折の私の記事でも楽しみにしてくださる方がいらっしゃれば嬉しいです。

今後ともよろしくお願いいたします。

阿波や壱兆は31日まで夜のみ営業です!よろしくお願いいたします。

≫ Read More

| 徳島(特に県南) | 10:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

田舎便り 2010-冬-

本日12月29日(水)の開店時間は17時となります(^^♪
お昼の営業はお休みさせて頂きますので
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

また、明日30日は終日お休みさせて頂きます(^^ゞ
あさって大晦日の年越しそうめんに向けて
チャージさせていただきます!(^^)!


↓ここから本文↓

こんにちは。iです。ただ今、帰省しております。

クリスマス以降、全国的、いや、世界的に?寒さが厳しいですね。
雪の被害をうけていらっしゃる地域の方には、お見舞い申し上げます。

こちら徳島も例に漏れず、寒い!

こんなに寒いのは数年ぶりです。

畑の水盤も氷がはっています

田舎便り 2010-冬-

寒いわけです。。。。

人間にとっては寒くてたまらないけど、山の畑では冬野菜がすくすく。
こんなに色とりどりの冬野菜が収穫できました

田舎便り 2010-冬-

九条ねぎ、聖護院大根、島人参、金時人参・・・自然の色って奇麗ですよね

まちをぶらぶら歩くのですが、冬場は良い被写体がありませんが、
川面に映った景色を撮るのがマイブーム

田舎便り 2010-冬-

撮った写真を逆さにしてみると不思議な風景に見えませんか?

ぶらぶら歩いていると、こんなものを見つけました。

田舎便り 2010-冬-

1946年(昭和21年)12月21日に起こった「南海大地震」の津波が来たときの
津波最高潮位を記ですが、身長162センチの私の眉毛あたりなので、
155センチ前後でしょうか。

当時の人は平均身長もっと低いだろうから、完全に飲み込まれちゃってますよね。。。

宍喰では約1500人の方が命を落とされたそうです。

何時来るかわからない天災、日々平穏に過せていることが
どんなにありがたいか感謝するとともに、万が一に備えることが
大事だなと再確認。。。。(東京の非常持ち出し袋、帰ったら点検しよう・・・)

話がそれましたが、帰省4日目こんな感じです。

また、お便りします

| 徳島(特に県南) | 10:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT