FC2ブログ

東中野 そうめん屋 阿波や壱兆



2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

☆10月30日のそうめん☆

ここ数日メニュー紹介できずでした。スミマセン!

さて、本日のおそうめんをお知らせいたしま~す。

○かぼちゃとシーフードのかき揚げ温めん
(かぼちゃ、たまねぎ、シーフードミックス、青ねぎ、青ゆず、定番出汁。
ハロウィーンだからかぼちゃのかき揚げにしてみました(笑)ホクホクして甘くて美味しいです。)

○めっちゃ卵のかき玉めん(辛子明太子、いくら、鶏卵、ゆでキャベツ、青ねぎ、青ゆず、とろり定番出汁。三種類の卵が共演してます。卵好きにはたまらないと思います。トッピングした明太子をかき玉汁によく混ぜてお召し上がりください。)

○阿波や壱兆温めん
(豚バラ甘辛煮、本日の付け合せはもやし、青ねぎいっぱい、青ゆず、定番出汁。もうしっかりオリジナルめんとして看板しょってます♪よろしくお願いします。)

今日明日はかぼちゃ祭りだ~!
皆さまのお越しをお待ちしております。

| 今日のそうめん | 12:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

□ふるさと・宍喰の味(おつまみ編)□

うつぼちんみ、とこぶしなど田舎の味はいろいろあるのですが・・・
ずっと「生モノ」を扱わずに参りました。
この度、お初の「生モノ」登場です!

それは・・・宍喰風かつおのたたきです。
今夜は写真を撮る暇もなく文章のみでのご紹介です。
脂の乗ったスマガツオを直火で焼きます。(本当は藁で焼きたい)
有名な高知のたたきと比べると少しばかり薄めに切ります。
さらに切り身を並べ、塩を軽く振ります。
ユズ酢をふりかけ軽く叩きます。(だから「たたき」と呼ぶと思ってるのですが・・・)
細かいみじん切りにした生姜とニンニクをまんべんなくちらして最後に刻んだ青ネギをたっぷりとのせる!
これが「宍喰風かつおのたたき」です。
ユズ酢を振りかけていることで少し酢で〆た状態になってます。(生臭さがおさえられる)
これにお醤油をかけて頂くのですが、箸が止まらなくなるほど食べられます(笑)

過去に務めていた会社の社長は長野生まれの長野育ち、青臭いカツオは苦手だったそうです。
ある夏の終わりの週末の仕事上がり、事務所のとなりの空き地で納涼の宴を開くことに。
実家の母に頼み、藁で焼いてもらい氷詰めにして当日着で送ってもらいました。
事務所の狭いキッチンに刺身包丁を持参して食べる直前に「宍喰風かつおのたたき」の完成。
そして、カツオ嫌いの社長の反応。
大皿の3分の1は社長が平らげていました(笑)
ユズ酢で半〆して薬味をのせてしまうことでとても食べやすくなったのだと思います。
もちろん母の協力のひと手間、藁で焼いてもらったことでいい香りになったことも理由だと思います。
今回は藁焼きは難しいですが、一味変わった「かつおのたたき」をご賞味いただきたいと思います。
 
みなさまのお越しをお待ち申し上げております♪

| 今日のそうめん | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |